エステにサウナがある意味

サウナのイメージって、オジサンが銭湯行ってサウナ入って水風呂入って…またサウナ入って水風呂入って。って感じしませんか?でもこれって本当に健康にいいそうです!!サウナと水風呂の温度差が自律神経のリズムを整える!!だから疲労回復とか肩凝り等に効果がある。
でもこれじゃエステにサウナがある意味…よく分からないですよね?サウナだけで痩せるって事は中々難しいですが、サウナによって体を温め血行を良くする事で、痩せやすい体になる!!まずは痩せやすい体を作らなきゃ、どんなゴッドハンドの施術受けてもあまり効果は出ませんもね…。どんなスペシャルな機械でも体の準備が万端じゃなければ意味がない!!という事です。
だからエステで痩身コースを受けると水分補給用の水と雑誌を持って、一人用のサウナに入れられるんです。
時間をかけて痩せやすい体にほぐす時間。ここでは水風呂に入る事はないですが、サウナの後にくるマッサージがかなりの効果を発揮します。
熱いサウナの部屋では毛穴全開にもなりますから、汗もかきますので老廃物も自然と出てくれます。
美肌効果まで期待できちゃう訳です!!エステってとことん美を追求してますよね♪まぁ、こっちもお金かけてやる訳ですから美しいボディも肌も手に入れてやる!!位の意気込みかま大切ですね。そうすると美意識ももっと高まります。
そのうちエステだけでは物足りなくなって、銭湯のサウナにも通ってみよう♪ってなりますよ。水分補給はお忘れなく。

疲労回復や美容効果のあるサウナですが、エステに行ってただボーッとサウナに入るだけではもったいないです!!サウナの中って、普段より呼吸しにくくありませんか?熱いし密室だから…。
でもそのお陰で普段の二倍酸素を取り入れようと体は頑張ってくれる訳です♪酸素摂取は代謝を良くします。
この呼吸方をサウナの中でマスターすれば、毛細血管の働きもかなり良くなる!!痩せやすい体になる。少しの運動でも効果が表れやすくなりますよ。

Copyright (C)2017効果ある!東南アジアのサウナとエステ.All rights reserved.